【映像と動画の違い】

題名の通りですが、イメージできますか?
英語にすると「Movie」となるので同じものと思います。

 
ネットで調査をすると面白いことが分かりました。

 
映像は制作会社に頼んで、綺麗に作ってもらうモノ
動画はもっと身近なもので、自分で何とか作るモノ
という認識になりつつあるようです。

 
なぜそのようなことを言い出したかというと
Googleでどのようなアクションがあったかを調べてみたからです。
Googleのキーワードプランナーというツールを使うと
月間の検索ボリュームや1クリックあたりの料金を調べることができます。


月間検索ボリュームでは
「動画制作」では1万~10万
「動画編集」では10万~100万
「映像制作」では1000~1万
「映像編集」でも1000~1万

しかし、
「動画制作会社 東京」では10~100
「映像制作会社 東京」では100~1000と
違ってきます。

 
また、Googleの検索窓で
「動画」と入れるとサジェストワードでは
「動画制作」「動画制作会社」「動画編集アプリ」「動画編集ソフト」と表示され
「映像」と入れてみると
「映像制作」「映像制作会社」「映像作家」「映像サービス」など
「映像」の方がビジネス寄りに検索されていることが分かります。
 

この様な調べ方でネットの広告屋さんやSEOの会社は
どういった施策が良いのか調べて提案してきますが
今の様に自分で調べることもできます。
弊社の名前は「善角堂動画」
目指しているお客様は個人の方より企業の方
ビジネス寄りの仕事と考えるなら
「善角堂映像」にすべきだったと反省しております。

関連記事

TOP