【企業や個人がYouTubeをやる意味とは?】

今回はYouTubeのお話です。

日本では2020年に

18~64歳の月間ユーザーが6,500万人を超えました。

Facebookの国内アクティブユーザーが2,600万人なので

倍以上の人が見ている状態です。

そのマーケットを狙って

これからYouTuberを目指す人

企業でYouTube運用を考えている人も多いと思いますが、

今回はYouTubeをやるメリットとデメリットについて

考えたいと思います。

メリットとしては、

・自分の顔を出して話すことにより濃いファンを作ることが出来る

・商品やサービスを知ってもらい購入へ導くことができる

・一度作ると資産になるので色々な用途に使うことができる

デメリットとしては

・撮影と編集というハードル

・投稿するネタが続かない

・すぐに効果がでてこない

などがあります。

他のSNSの運用と同じように定期的な投稿が出来ると

次第にファンを増やすことができますが、

中々ネタが続かないという方も多いのが事実です。

視聴したいと思わせる内容の動画を作ることは

大前提になりますが…

YouTubeの動画投稿の数は少なくても

再生回数を増やす方法はあります。

それはYouTubeを見てもらうように

他のSNSで宣伝することです!

逆の発想ですですが、意外と効果があります。

関連記事

TOP